yndelmmoko39の日記

39歳で子宮たいがんステージ2! 経過観察3年目突入です😁 韓流ドラマや華流ドラマをまったりすすめていきます

#チェリまほ 6話 あらすじネタバレ

 

f:id:yndelmmoko39:20201109175519p:plain

テレビ東京公式サイトより

5話まではこちからどうぞ👇

 

 

yndelmmoko39.hatenablog.com

yndelmmoko39.hatenablog.com

yndelmmoko39.hatenablog.com

yndelmmoko39.hatenablog.com

 

 

yndelmmoko39.hatenablog.com

 

いや~~いいっ (´∀`*)ウフフ

 

多分長年BL好きやってる人なら感じると思うんですが

嘘くさくはないされども、

絶妙に

リアルっぽくない

キャスティングなんですよねぇ

見ていてうわ~~~ってひかない絶妙さがありますね🙄🙄

 

まぁ好みの問題でしょうけどwww

 

原作の漫画もぜひどうぞ

もっと細かいエピソードありますよ(´艸`*)

 

 

 

 

 

5話の終わりに黒沢元カノ疑惑の女性とともに

タクシーに乗った安達

なぜかもやもやしています

 

2人は安達をはさんでまだもめてます

 

 

帰れ帰らないでしばしもめて黒沢の口から

飛び出したセリフは。。

 

勝手だぞ   姉貴

 

元カノではなく姉だったんですね

安達は明らかにホッとしてますねwww

 

黒沢姉のこのまま安達くんの家で看病してあげればいいじゃない

 

という言葉で2人は安達の家に行きます

 

家に入って安達がくしゃみをしたので

心配でかけよる黒沢

 

そして鞄につまずき

ベットへ重なります

 

どきどきする黒沢ですが

今は安達に対する心配が先にたちます

体温計をとってくると言って部屋からでていきます

 

黒沢のやさしさを知り

ビビッてた自分を反省しますwww

 

翌朝熱が下がった安達は

夜中に自分の世話を献身的にしてくれていた

安達を思い出します😄😄

 

そして。。。黒沢が作ったお粥を食べようとすると

 

今日は家に帰るよ、、、といいますが

黒沢には世話になったから好きなだけいて良いよと告げます

 

お茶碗を渡そうとして手が触れた瞬間

 

10/28 今日は黒沢との同棲記念日だ 

 

という心の声がきこえますwww

 

さらに心の声は続きます

 

2人きりのスイートライフ♡♡

 

その後黒沢の妄想シーンがカットインされますwww

 

 

お粥にふぅふぅする黒沢

熱いからやけどするなよ

 

といわれて、、、、

もうやけどしそうです

と思う安達でした。。。

 

会社の帰りに黒沢からラインがきて

一緒に帰ろうといわれます

逃げようとしますが

後輩の六角に声をかけられ発見されますww

 

黒沢が居候していると知った六角は

俺も泊まりにいきたい

といいます

 

(この時も黒沢は六角がべたべたするのも気分が悪そう😒😒)

 

2人きりになるのは気まずい安達は

いいよと返事をします

 

(黒沢さんがっかりが顔にですぎてますよwww)

 

 

 

 

そのころ柘植は

1時間ごとに配達指定をかけて

湊が持ってきてくれるのを楽しみにまちますが

別の配達員ばかりが持ってきます

 

ついには集配センターへのぞきにいきますが

湊はいません

色んな妄想をして勝手に苦しみます

 

どこからか音楽が聞こえてきたので

そちらに向かうと。。。。

 

そこにはダンスの練習をしている湊の姿が

 

陰から見守りますwww

 

 

安達の家でタコバーする3人

六角が焼いたタコ焼きをあ~~んとされて

素直に口を開ける安達

 

(おもいっきり悔しそうな黒沢が笑える)

 

中トロトロでおいしいと満足そう

 

口の横にソースついてますよと拭いてあげる六角に

さらにジェラシーがメラメラしていますwww

 

黒沢はつぎは俺が焼くからといいだします

 

そしてアヒージョを作ります

 

心の声ではそろそろソース以外のものが欲しくなるころだもんな

といい

安達のうんんまぁは俺だけのもんだから(^_-)-☆

とつぶやきます

 

その後六角がダンスサークルで頑張っていた話になります

今もプロ目指して頑張っている奴もいるんですけど

(多分湊が今も続けているやつ)

諦めが肝心ってことでやめたんすよと強がっていいます

 

心の声は

夢諦めた話なんてすんなよなと

 

それを聞いて安達はお前今は営業部のエースを目指してるんだろ

新しい夢を持って頑張ってるだけすげぇよ

俺なんて惰性で流されるがままだから。。。

 

といいます😥😥

 

夜3人で眠りますが六角のいびきがすごくて眠れませんwww

 

目をつむって眠ろうとしていると

黒沢が起き上がる気配が

そして安達の布団をなおそうとします

その時手が触れて心の声が聞こえてきます

 

俺なんかなんて言うなよ。。。。

俺にとって安達は、、、

 

特別なんだから

 

そのまま愛おしそうに安達の顔に触れようとしますが

起きている安達は寝返りをうつふりをして横を向きます

 

びっくりして離れていく黒沢

 

黒沢は俺何してんだよ。。。

と自分に言い聞かせています

 

翌朝起きると黒沢はもういなくて。。。

 

ラインするも既読スルー

自分のせいで落ち込んでいるのかと気にしますが

今日一緒に帰ろうとラインが

気にしすぎだったな

と思いますが

 

帰りいつもとは雰囲気が違う黒沢・・・

 

自分が重いから黒沢もしんどいのかなと

過去に女性にいわれたことを思い出し落ち込みます

 

 

そんな安達に黒沢は。。。

 

安達と付き合う人は幸せだな

デートしたり飯食ったり手をつないだり

全部初めてってことだろう

すげぇ嬉しいとおもうな

 

俺だったらめちゃくちゃうれしい

。。。。。

 

もう泊めてもらわなくて大丈夫だから・・・・

 

 

えっでもまだお姉さんが、、、

 

という安達のセリフをさえぎって

 

これ以上一緒に居るの、、、しんどいんだよ

 

俺。。

 

安達の事好きなんだ 

 

って

 

 

言った~言ったよ~~

 

同じ会社の同僚に言うの死ぬほど勇気いるぜ

 

 

かっこいい==-

 

 

でこれで6話終了

 

町田さんいいわ~~

 

六角にやいてるシーンとか

目じりのしわに不愉快感が微妙にでてていいっ

 

これはまだ楽しみが続きますよwww

 

 

さぁ黒沢は一投を投じたので返球はいかに!!

 

 

7話で✋